最新の測定結果・これまでの測定結果


海洋調査の測定結果

たらちねでは2015年から東京電力福島第一原子力発電所の沖合1.5km地点でのサンプリング調査を実施しています。海水と魚を採取し、セシウム134・137/ストロンチウム90/トリチウムの核種の測定をし記録しています。海洋の長期的な放射能汚染は人の力では止めることができない甚大な環境汚染です。私たちにも測定し記録していくことしかできないのが現状ですが、命を育んでくれた故郷の海を見つめ続けていきたいと思います。
 


海砂の測定結果


ホットスポットファインダー測定結果

この測定値は、たらちね甲状腺検診プロジェクトにより、各地を訪れる中で通過した公道や、休憩に立ち寄った公園の測定を行ったものです。また、私有地内の測定については所有者の要望を受け、立ち入りの許可のもと測定をいたしました。ホットスポットファインダー測定はこれからも継続し、データは更新を続けていきます。

このデータは、場所により徒歩で測定した値と、移動の際の道路走行中に車内で測定した値とが混合になっています。場所によっては、外にでることが難しい場合もございます。(車内での測定の場合、徒歩で測定を行った場合と比較して数%~数十%ほど測定値が低くなります。)したがって、測定条件については、一律ではありません。あくまでも目安としてご覧ください。
 


 
測定機器について

測定機器名:ホットスポットファインダー

ホットスポットファインダー(HSF)は、GPS連動型の空間線量率自動記録システムです。タブレットPCと小型の超高感度γ線検出器を持ち歩いて計測するだけで、GPSで特定された現在地から移動経路ごとに、瞬時にスーパーマップル(昭文社)等の全国地図情報上に、空間線量率マップを自動作成します。空間線量率を瞬時に地図上に表示するため、放射線量が高いホットスポットが地図上ですぐに特定できます。また表示測定モードを変換することで、時間あたりの放射線による人体への影響を表す単位、μSv/h(マイクロシーベルト/時間)とCs-134(セシウム134)、Cs-137(セシウム137)、K40(カリウム40) のエネルギー量の変化を1秒毎に測定し、ホットスポット及び放射性物質の内容も瞬時に判断します。

■ホットスポットファインダーHSF標準型・装備
GPS付きタブレットPC、検出器(MPPC付きCsl)、タブレットPC用カバー・保護フィルム、USBケーブル2m、microSD 32GB、検出器・外部GPS収納用バック、放射線測定ソフト、地図フォーマット変換ソフト、スーパーマップル・デジタル13全国版、校正成績書(ポニー工業放射線計測センター発行・JCSS登録事業者0264)

 

Youtube動画

 


「TEAMママベク子どもの環境守り隊」の測定結果

「TEAMママベク子どもの環境守り隊」は2013年からいわき市の母親たちが始めた放射能の測定活動です。いわき市の教育委員会と連携し、子どもたちが1日のほとんどの時間を過ごす学校や幼稚園・保育園内の空間中の放射能測定と土壌の測定を行い、子どもたちが放射能による被曝を受けないよう、また被曝を軽減するためにボランティアで測定活動を行っています。汚染濃度の高いホットスポットが見つかった場合は、いわき市行政に働きかけ、除染の対応を要請し実施するシステムを構築しています。子どもたちの安全を守るために、お母さんたちといわき市行政が連携しながら活動を行っています。
 

測定器について

【空間放射線量測定機器】

  • ホットスポットファインダー
    ホットスポットファインダーとは、GPS連動型の空間線量率自動記録システムです。タブレットPCと小型の超高感度ガンマ線検出器を持ち歩いて計測するだけで、GPSで特定された現在地から移動経路ごとに、瞬時にスーパーマップル(昭文社)等の全国地図情報上に、空間線量率マップを自動作成します。

    » http://www.nipponsyaheigiken.com/?pid=95925689

    ※測定の結果は、線量をおおよその数値として色分けして表示しておりますが、見やすくするために省略をさせて頂いております。詳しいデータにつきましては、「いわき放射能市民測定室たらちね」にございますので、ご覧になって頂けますようお願い致します。
     

  • 日立アロカメディカル(株)TCS-172B
    空間線量率測定(高感度、自然環境用)線量当量率(μSv/h)と計数率(s^-1=cps) の切り換えが可能です。線量当量率モードは環境γ線の線量当量率測定に、計数率モードは緊急時のヨウ素測定等に対応可能です。

    » http://www.rex-rental.jp/anz/tcs-172b.html
     

 

【土壌の測定機器】

 

測定方法について

  • ホットスポットファインダーで学校(校舎の外)の敷地内、及び校庭を満遍なく測定し、0.23マイクロシーベルト/毎時以上の場所があった場合は、日立アロカメディカルのTCS-172Bで地上から1mの高さで測定します。
  • 空間線量については、校庭の四角と中央を、日立アロカメディカルのTCS-172Bを用いて、地上から1mの高さで測定します。測定は3回行い、1回目は1分30秒、2回目と3回目は30秒ずつ測定します。その平均値に校正定数0.98をかけたものを記録します。
  • 校庭の中央部分の土壌1箇所(10cm×10cm×深さ13cmの土壌)を採取し「NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね」にて測定を行います。
  • ホットスポットファインダーで測定し、0.23マイクロシーベルト/毎時以上の箇所があった場合、さらにその中で空間線量が一番高い箇所の土壌も1箇所採取し測定しま す。
  • 土壌測定核種:ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、カリウム40
    測定所要時間:30分
    測定試料がセシウム以外の天然放射能核種を含有する場合、測定値にそれらの放射能が計測算入されている可能性があります。
  • モニタリングポストの線量を確認し、記録します。
  • 原則として土壌を採取した場所は必ず空間線量も測定します。
  • 測定は3人で行い、1校につき1時間ほどをかけて行います。
  • 採取した土壌は測定終了後、学校へ返却します。

 

幼稚園・保育園別測定データ

【保育所】

 

【幼稚園】

 

【私立保育】

 

中学校別測定データ

 

小学校別測定データ

【平方部】

 

【四倉 久之浜方部】

 

【小川 川前方部】

 

【内郷方部】

 

【好間 三和方部】

 

【小名浜方部】

 

【常磐方部】

 

【勿来方部】

 

【遠野 田人方部】