申し込み方法

 

試料申込点数と料金

ガンマ線測定は何点でもお申し込みいただけます。
ベータ線測定は一般の方は1点まで、事業者の方は3点までとなります。
※測定にかかる日数等については予約状況により変動がございます。
詳しくはご予約の際にご確認いただきますようお願いいたします。
※申し込み状況により受付点数が変更になる可能性があります。

試料数 試料測定料 試料廃棄料 通信費 測定料金合計
1 500円 300円 80円 880円
2 1,000円 300円 80円 1,380円
3 1,500円 400円 80円 1,980円
4 2,000円 500円 80円 2,580円
5 2,500円 600円 80円 3,180円

廃棄料…3試料目以降は1試料につき100円プラス
 
 

測定の手順

申し込みから測定終了までの手順は次のようになります。
申し込み → 試料預け・料金支払い → 測定結果の受け取り
 
 

申し込み

申し込みは次の方法のどれかひとつでできます。
A. 測定室窓口で申込書に直接記入で申し込む
B. 申込書に記入してメール、FAXまたは郵送で申し込む
※2回目以降の申し込みについては電話でも受付けます。

お申込者のご同意(契約)が必要な記入書類がありますので、測定日にご来所頂き、ご依頼に責任を持っていただける方が測定をお申し込み下さい。

申込書は下記よりダウンロードできます。
  食材・水・土壌・ダストサンプリング放射能測定申込書(PDF)
  食材・水・土壌・ダストサンプリング放射能測定申込書(EXCEL)

また、窓口にも用意してあります。
必要な場合、郵送またはFAXでお送りします。

【遠方からの食材放射能測定も承ります】
①お電話にてご予約をお取り頂きます
②指定口座に測定料金をお振込み頂きます
③こちらからご案内した指定日に検体を郵送で送って頂きます
④入金確認後、測定を致します
⑤測定終了後、電話連絡の上、郵送で測定結果をお送り致します
※測定済の試料はこちらで処分させて頂きます
※ご返送をご希望の際はご予約の際にその旨をお伝え下さい(要相談)
 
 

試料預け・料金の支払い

測定予定日に測定室に申込者が直接ご来所いただき、試料を窓口にお出し下さい。
(試料の調製方法は本文下段にあります)
当測定室の「個人情報保護と測定データに関する基本方針」にご同意の上、正式に「食材・水・土壌・資材・ダストサンプリング申込書」をお出し頂きます。
※「個人情報保護と測定データに関する基本方針」 と本文下段の「放射能測定の注意点」は測定日までにお読み下さい。
※誓約書に署名・捺印をして頂きますので、印鑑をお持ち下さい。(三文判可)
※本人確認の為、免許証もしくは保険証をご提示ください。

依頼書には
・お申込者のご氏名
・住所・電話番号
・測定試料の採取地
・採取日時
・試料重量(容量)
・採取地の空間線量(測定している場合)
・地形の特徴
などを窓口でご記入頂きますので情報をご用意下さい。
その上で試料の測定を正式にお引き受け致します。
申込書の記入しにくい点、不明な点は窓口で対応致します。
 
 

測定結果

測定結果は測定後、ご来所の際にお受け取り下さい。
お持込の試料は、測定後お持ち帰り頂きます。


放射能測定の注意点

 

ガンマ線スクリーニングシステムについて

測定時点において物体内に蓄積している放射能の量を測定するものです。
試料から放出されるガンマ線のスペクトルを検出測定し、試料に存在しているヨウ素131、セシウム134、セシウム137の量を算定するものです。
 
 

ベータ線測定について

測定時点において物体内に蓄積している放射能の量を測定するものです。
試料からトリチウムを自由水、組織結合水として、またストロンチウム90(イットリウム90)を取り出し、それらのベータ線を検出し測定します。
 
 

測定対象食材の試料の調製

 
測定する試料はあらかじめ測定できるように調製されている必要があります。5ミリメートルほどの細片にして1,000グラム(カサとして1リットル以上)をご用意下さい。小さい粒子状の試料はそのままで結構です。果実の皮、動物の臓物など不要部分を含めないで測定を希望される場合は、それらを除去して調製して下さい。
またどうしても1,000グラムご用意できないものは500グラム(500ミリリットル以上)とします。試料量が小さくなると精確な値が得にくくなり測定データの不確かさが大きくなります。大まかなデータしか得られませんのでご注意下さい。
※測定試料の量に関してご不明な点やご質問等がございましたら、ご連絡下さい。