原発事故

では、

どんな被害が起こるのか?

原発事故では、どんな被害が起こるのか?

原子力災害の要因となる主な現象は放射性物質の拡散です。放射性物質は、見えない・におわない・感じない物質です。

日本には多くの原発があります。

原発事故は、大地震・津波・火山噴火など、自然災害との複合で起きることが想定されます。

福島第一原発事故が起きた時、私たちには知識も情報もありませんでした。そのために、多くの人が余計な被曝をしました。

「あの日」から、たらちねでは市民ができる防災を学び続けました。ふたたび原発事故が起きてしまったとき、必ず役立てたいと思っています。「知らない、情報がない」ことにより、子どもたちが被曝をしないよう努めていきたいと思います。

2011年3月11日 東日本大震災にともない大津波が発生し、最も深刻なレベル7の原発事故が福島第一原子力発電所でおきました。
この原発事故では地震発生の翌日12日には原発1号機が水素爆発を起こし、近隣の環境中に放射性物質を拡散しました。その後、4号機までのすべての原発が事故を起こし、災害発生からわずか4日で深刻な放射能汚染を引き起こしました。初期被曝をなるべく低くするには、情報を正確にとらえ事前の備えが重要です。

原発事故に備える

【生活環境について】

◆ 空気中の塵埃に静電気などの影響で放射性物質がまとわりついて室内に入ることを防ぐため、窓など外気に触れるところはガムテープで目張りをし、エアコン・換気扇・24時間換気システムは止める。

◆ 事故後は空気中に放射性物質が拡散している可能性がありますので、2週間程度は巣篭もりが必要。
※甲状腺に影響を及ぼす放射性ヨウ素131の半減期(8日間)を考慮した日数です。

◆ 外出時は、外で付着した放射性物室を室内に持ち込まないため、レインコートや長靴を着用します。玄関には濡れた新聞紙を敷き、屋外で靴の裏についた放射性物質を落とします。

◆ 森林や花壇など植物が植えてある場所・雨どい・側溝など水が流れ溜まる場所は空間線量が高くなりやすいの近づかないでください。

◆ 海や川の水も土も汚染があります。測定結果がわかるまでは注意が必要です。

◆ 災害発生時は、遠方に避難や車の中で一時的に生活することが想定されるので、常に自家用車のガソリンは満タンにしておきましょう。

【食品・水について】

◆ 事故後は水道水に放射性物質が含まれている可能性があるので、水道水は飲料には使わず、ペットボトルの水を使います。水道水の放射線量が確認できないうちは心配で飲めません。
※「あの日あの時の汚染」の水道水の測定値を参考にしてください。

◆ 食品は、なるべく測定してから食べてください。

◆ たらちねの測定の結果、事故直後は水道水よりは井戸水の方が安全でした。山水、簡易水道は危険です。

◆ 2週間はお風呂を控えてください。

◆ 放射性物質の簡易浄化装置があれば使ってください。

【簡易シェルターで被爆から身を守る】

◆ 放射線はいろいろな物質で遮ることができます。

◆ ペットボトルの入った段ボールで作る簡易シェルターを部屋の中につくり、子どもの被曝を軽減します。子どもは大人よりも被曝の影響を受けやすいです。水のシェルター内では、放射線量が30%ほど軽減します。

福島第一原発事故あるある!ママとパパの困りごとエピソード

  1. 避難するのか?留まるのか?ママとパパで分かれる意見。
  2. 避難したけど、放射性プルームが流れた高線量の地域に避難してしまった。余計に被曝してしまった。
  3. 水や食料の補充のために子どもを連れて外に出てしまった。地震が怖くて家に子どもを置いてこれなかった。長時間スーパーに並んだ。
  4. 自分が被曝していると考え、母乳からの赤ちゃんの被曝を恐れ、断乳した。
  5. 家族と離れた場所での、ママ1人の孤独な出産。
  6. 外遊びを制限された子どもたち。
  7. 被曝防護のために子どもの外遊びを制限、「外に出たい!」と言うことを聞かない子どもを殴ってしまった。
  8. 保養をめぐる家族の動揺。住んでる土地は汚染されているのか?大丈夫なのか?ママとパパで分かれる意見。
  9. 「保養に行くなら離婚して行け!」とママにつめ寄るパパの気持ち。
  10. 食べ物や飲み物をどう選ぶか?
  11. 断水にならずに水道水は出ていたけれども、飲んでも大丈夫だったの?今になって不安に思う。
  12. 被曝の感受性高い子どもにはペットボトルの水を、パパには水道水を飲ませるママたちの経済観念と優先順位のつけ方。
  13. 選択の自由がある・ない、子どもと大人の生活格差。子どもは食べ物も遊ぶ場所も選べない。
  14. 親に言えない子どもの悩み。私たちは本当に大丈夫なの?<
  15. その他…

*たらちね、2022年3月11日までの聞き取りから

日頃から家族で、災害発生時にどうするのか?放射能汚染についてのどう考えるのか?を話し合っておくことが大切です。

放射能汚染について知る

【放射線量を知る】

近くのモニタリングポストで放射線量を確認します。その時の放射線量が高いか低いか知るためには通常の測定値との比較が必要。そのために、日頃から「どのぐらいの放射線量なのか?」測定値を確認しておくことが必要です。近くにモニタリングポストがない場合は、インターネットでリアルタイムの放射線量を確認します。その場合も、事故が起きていない時の放射線量を知っていることが大事です。

▼インターネットで放射線量を知る▼

*日本各地域のリアルタイムの放射線量
https://www.erms.nsr.go.jp/nra-ramis-webg/

*たらちねのホームページ・Facebookから、福島県いわき市の最新情報を確認できます。

Facebook : https://www.facebook.com/tarachineiwaki/

HP : https://tarachineiwaki.org

たらちねの情報は限られたエリアの情報ですが、普段の放射線量も公開しているので、比較する上で参考になります。

【風向や雨雪の情報から放射性物質の動きを知る】

避難する場合は、風の動きを確認し、原子力事故の発生現場から100km以上を目安に離れてください。しかし、せっかく遠くに避難しても、風下に動くと放射性物質も風と共に追いかけてきます。

福島原発事故では、雨や雪が降った地域に多くのセシウムが沈着しました。

下の動画は2011年の3/12~3/23に大気中に放出され地表に沈着していく様子です。

▼風の動きを知る▼

*風の流れをビジュアル化しているサイト。台風の風がすごい勢いで流れていきます。風の他に、波、化学物質、pm2.5等の表示も可能。 

https://earth.nullschool.net

*世界中の風の動きがビジュアル可されて表示されるサイト。風だけでなく雨、雲、気温の表示が可能。さらに表示高度も変えることが可能で、地表の風とは動きが違うことも見ることができる。

https://www.windy.com/?37.052,140.882,5

▼雨や雪の動きを知る▼

*日本の気象庁が公表しているリアルタイムレーダー、台風の状態や降雨予測を見ることができます。放射性物質の降下状況を知るために雨や雪の動きを知ることは大事です。

https://www.jma.go.jp/bosai/nowc/#zoom:5/lat:34.034453/lon:135.021973/colordepth:normal/elements:hrpns&slmcs

【今だからわかる、あの日、あの時の汚染】

2011年3月11日の福島第一原発事故発生直後、近隣地域に暮らす私たちに、空間放射線量や水道水の放射線量の情報はありませんでした。

「今だからわかる」あの日、あの時の水道水は、今の水道水と比較すると8000倍〜16000倍もの高濃度に汚染されていたことがわかります。

このデータを見ると、その水を飲んだり、お風呂に使ったりしたことが心配になります。原発事故災害の初期被曝を軽減するために、的確な情報を得ることはとても大事です。

放射性物質はセシウム134やセシウム137だけではありません。甲状腺に取り込まれやすい放射性ヨウ素131もあります。

原発事故が起きた直後には、水道水にも多量の放射性ヨウ素131が含まれていたことがわかりました。これらの結果も、事故後、リアルタイムで私たちに知らされることはありませんでした。

▼原発事故直後の放射性ヨウ素とセシウム137による水道水の汚染▼

2011年3月16日~4月11日 原子力災害現地対策本部実施

2020年 水道水の測定値 測定:いわき放射能市民測定室たらちね

▼2011年4月5日、「あの日」子どもたちが通学した日の空間線量▼

2011年4月5日、子どもたちが歩く場所の空間線量の情報もないまま、福島県内の公立の小中学校では通常通り始業式や入学式が行われました。

「今だからわかる」高濃度の汚染の中を、子どもたちに薄いマスク1枚で歩かせた罪は大きいと感じます。「あの日」の空間線量は、通常の10倍〜60倍の放射線量でした。

避難、移動時の注意事項

原発事故直後は、かなり高い数値での放射能汚染の可能性が考えられます。大人よりも子どもの方が放射線に対する感受性が高いので、初期被曝をできるだけ軽減するために原発事故発生現場から100km以上を目安に避難してください。

被曝による健康影響は、被曝直後よりも数年、数十年後に発症します。福島第一原発事故を経験した母親たちは「あの時、外に出してしまった。」「あの時、知らずに水道水を飲ませてしまった。」「あの時、詳しく知らなかったから、家庭菜園の野菜を食べさせてしまった。」など、「あの時!」のことを、後になっても、ずっと心配しています。

被曝から子どもを守るために「やりすぎ」はありません。子どもはできるだけ保護することが、子どもの心身の健康を守ることになり、また、保護者のみなさんの悔いを残さないことにもなります。

◆ 放射線量が高い場合は、移動中は子どもを外気に触れさせないよう注意してください。

◆ 外を歩かなければならない時は、子どもを毛布やタオルで包んでください。また、長時間、外にいなければならない時は、その上からビニールのレインコートや大判のナイロン袋などをかぶせてください。

◆ 福島とチェルノブイリの居住可能エリアの年間放射線量を参考にして下さい。

放射性物質を測る

たらちねでは、2011年から、子どもたちの周りの環境放射能の測定を行ってきました。ここでは、その測定方法を紹介しています。私たちは、測定技術を身につけるのに、とても苦労しました。私たちが見につけた測定技術を多くのみなさまにお伝えし共有させていただくことで、いざという時に役立てらるよう準備していきたいと思います。

測定方法のコンテンツ(テキストや動画)は随時、更新していきます。

【食品のセシウム134・セシウム137の測定】

▼測定動画:https://youtu.be/8lumputofYk

▼測定テキストPDF:bousai_01_v2.pdf (6MB)

ストロンチウム90の測定

▼測定テキスト絵本版PDF:bousai_02.pdf (3MB)

▼測定テキスト詳細版PDF:bousai_03.pdf (3MB)