黒部信一 先生

福島で悩んでいるお母さんたちの支えになることを願って、たらちねクリニックに来ました。子どもの病気、アレルギーの病気、発達障害、お母さんの悩みごと相談、すべて引き受けます。私の子育て法をして見て下さい。子どもの病気を治すか軽くできます。
 
プロフィール
1966(昭和41)年 慶応義塾大学医学部卒業後、国立埼玉病院小児科勤務
1984(昭和59)年 吹上共立診療所所長、その後チェルノブイリ子ども基金監事
2011(平成23)年 未来の福島こども基金代表
2012(平成24)年 すずしろ診療所所長
 
以下余談
私は中学からの慶応ボーイで、高校は陸上ホッケー部、医学部ではアイスホッケー部主将をし、中学・高校時代は国木田独歩の武蔵野にあこがれ、海外小説を読みあさりました。大学に入り60年安保で変身。自治会、大学生協、青医連、小児科医師連合と進み、医療被曝を減らそうとし、チェルノブイリ子ども基金に入り、現地へも行き、今になります。

私のモットーは、生活を楽しみながら闘うことで、運転免許は16歳で取得した程のカー好き、シートベルトは早く着ける。スキーは海外へ5回行き、40度の壁もヘリスキーも滑り、国内は八甲田山から月山の春スキー、裁判所は見慣れた風景。アメリカの医師の言葉の通り、医者は一生学生。月下美人と折鶴蘭の栽培をし、手塚治虫の導きでブッダに傾倒し、科学史を学んで「病原環境論」を提唱。遺伝子学、免疫学、文化人類学を学び、今秋に同級の仲間に会い、for the peopleと言われてはっとし、原点に戻って頑張ります。今は、赤ちゃんから看取りまでの家庭医として、仕事をしています。

鴻巣・熊谷地区で「黒部教」と言われた独特の医療です。でも私の子育て法で良くなります。「私失敗しないので」のドクターKです。アトピー性皮膚炎も気管支喘息も治しました。

 

渡辺久子 先生

渡邊醫院副院長

慶應義塾大学医学部小児精神科専任講師

NPO精神保健を考える市民の会まいんどくらぶ理事長

 

西尾正道 先生

北海道がんセンター名誉院長
 

野宗義博 先生

島根大学医学部大田総合医育成センター長
 

須田道雄 先生

医療法人弘生堂 須田医院院長

内分泌・甲状腺専門医
 

小野寺俊輔 先生

北海道がんセンター 放射線科医
 

吉野裕紀 先生

北海道大学病院 放射線診断科