#飲料水の配布〜たらちね

東京の<ウイズアス・プロジェクト>様から水のご支援をいただきました。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~k_ofuji/yunomi-WithUsProject.html

2019年10月21日(月)14:00から配布開始します。

このたびの台風19号で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

いわき市内及び近隣地域の断水被害のあるご家庭子どもの飲料水の購入に苦慮しているご家庭の皆さまを対象に、ペットボトルのミネラルウォーターを無料で配布します。

※配布は、たらちねに取りに来ることができる方に限らせていただきます。在庫がなくなり次第、終了となります。

配布数:1世帯3箱まで(1箱 2ℓのペットボトル6本入り)

配布時間:9:30~16:00まで (土・日・祝祭日は除く) ※無くなり次第、終了

お渡し場所:いわき放射能市民測定室たらちね 事務所
      〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町11-3 カネマンビル3階 エレベーターあり/台車あり
      TEL 0246-92-2526 *ご不明な点はお問い合わせください。

駐車場:カネマンビル側の黄色い線で囲ってある枠内に駐車して下さい
    ※白線内は月極駐車場となっておりますので、駐車はなさらないようにお願い致します。

〇できるだけ多くの皆さまにお配りさせて頂くため、重複のないよう、お名前とご住所の記録をさせて頂きます。予めご了承ください。


ゲルマニウム半導体検出器購入のためにご支援を頂いた皆さまへ

Posted on
お陰さまで皆さまからのご支援により、ゲルマニウム半導体検出器を購入できることになりました。
皆さまからの温かいご支援に心から感謝申し上げます。

つきましては当初の希望通り、消費税が10%になるまでに購入したいと思っております。
現時点では8月下旬の納入を目指して準備を進めています。
機械が届きましたら、随時皆さまにご報告させて頂きます。

沢山のご協力を頂きまして誠にありがとうございました。

2019年8月1日
いわき放射能市民測定室たらちね


DAYS被災児童支援募金 寄付者のみなさまへ

Posted on

2018年度のDAYS被災児童支援募金の閉鎖に伴い、同支援募金寄付金のうちから700万円をたらちねの活動にご寄付いただきましたことをご報告申し上げます。

この度のご寄付は、たらちねの活動全般と放射能測定事業で使用するゲルマニウム半導体検出器の購入費の一部に充てさせていただきたいと思います。

これまでも、みなさまのお気持ちのこもったご寄付は、たらちねの活動の折々に大切に使わせていただきました。

これからも、みなさまの深い思いをつなぎ続け、子どもたちの健康と未来のために尽くしていきたいと思います。

今までのご支援に、心より御礼申し上げますと共に今後とも応援をいただきますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。
 
認定NPO法人いわき放射能市民測定室 たらちね一同
 
DAYS被災児童支援募金の閉鎖については下記よりご覧ください。
https://dayshisaijidoushienbokin.info/?p=14



たらちね測定報告会&今中哲二講演会のお知らせ

Posted on

2019年3月2日(土) 12:30開場 13:00~16:00終了予定 参加費:無料
 
いわき市総合保健福祉センター
 
〒973-8408 いわき市内郷⾼坂町四⽅⽊⽥191 TEL 0246-27-8555
駐⾞場:⼀般⽤180台 ⾝体障害者⽤(屋根付き)7台
 
アクセス:《電⾞》JR常磐線「内郷駅」下⾞ 1.2km(線路沿い徒歩16分)
     《バス》新常磐交通⽴野循環「総合保健福祉センター」バス停前
     《⾃動⾞》常磐道「いわき中央インター」(国道49号経由5.3km 12分)
 
※チラシはPDFでご覧いただくこともできます。
 » 今中哲二講演会&測定報告会(PDF)
 


 



週刊文春に掲載された広河隆一氏の記事に関して

NPO法人いわき放射能市民測定室「たらちね」は、2011年3月11日の東日本大震災による福島第一原発事故の被害から子どもたちを守るため活動を開始しました。測定室の開所にあたり、海外や日本国内の各所から支援をいただきました。その中の一部に、広河隆一氏(以下、「広河氏」といいます。)が代表を務めるDAYS放射能測定器支援募金からの支援がありました。広河氏は、「たらちね」の保養事業の連携団体の一つであるNPO法人沖縄・球美の里(以下、「球美の里」といいます。)の名誉理事長に就任しておりました。
 
週刊文春2019年1月3日・10日号に掲載された広河隆一氏の記事に関して、昨日(2018年12月25日)、球美の里から連絡がありました。週刊文春に掲載の記事の内容と、その事実確認についてでした。事実確認の結果は、広河氏が、週刊文春の取材に応じられた方々の気持ちに、その当時、気がつくことができず、傷つけたとの認識を持っていなかったこと、傷つけたとの認識を持ち得ないまま今日に至ってしまったこと、さらに、その事実確認によって、今回掲載された記事で声を上げられた方々以外にも、同種の件があったことが判明したということでした。
 
長年にわたってDAYS JAPAN誌の編集長、発行人としてかかわり、チェルノブイリ原発事故や福島原発事故で人権問題を主とした救援活動を行ってきた広河氏が、立場を利用して意に反する関係を要求し、被害者の方々の尊厳を傷つけてしまったことは、極めて残念なことであり、決して許されないことだと考えます。「たらちね」は、週刊文春に掲載されている広河氏の行動や発言を看過するわけにはいかず、これに与する立場ではないことを鮮明にいたします。
 
これまで「たらちね」では、保養事業を通じ球美の里と連携で福島の母子への支援を行ってきました。この活動の理念に照らしても、その意義や信念そのものが問われる極めて深刻な事態だと認識しております。
 
球美の里では、この度の問題により、広河氏の名誉理事長解任を決定しております。
 
こうした事態をふまえ、「たらちね」として今後、広河氏とは一切の関係を持たないことといたしました。
 
広河氏が、自ら本件について誠実な対応を取ることを求めるとともに、二度とこのような被害が出ることがないよう、切に願います。この度のことで、日頃より「たらちね」の活動にお力添えをいただき、ともに活動してくださる方々、また関係者の方々に多大なるご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。
 

2018年12月26日
NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね


★講演会・実施のお知らせ

Posted on

明日(9月8日)予定の西尾正道先生の講演会は、予定通り実施いたします。

北海道の地震で交通機関に影響がでているため、西尾先生のいわき市入りが難しい状況でしたが、飛行機の運行が始まりましたので、何とかこちらにお見えになれるということになりました。

明日は、北海道の様子と講演のテーマについてお話しいただきます。みなさまのお越しをお待ちいたしております。


9/8(土)開催予定の西尾正道講演会について

9/8(土)に予定している西尾正道講演会についてお知らせです。

9/6に発生した北海道での大きな地震の影響で、講師の西尾正道先生がいわきに来られるか未だはっきりしない状況です。
状況によっては実施できる場合もございますが、いずれの場合もまたお知らせさせて頂きます。
何卒宜しくお願い致します。